茶道具の価値を調べるには?

茶道具を買い取ってもらうには、まずその茶道具の価値を知る必要があります。例えば、書籍で調べるとどのような茶道具に価値があるのか、どの作者の作品に値打ちがあるのかがわかります。ただし、そのような情報が書かれている文献は少ないので、知りたい情報は得られない可能性があります。

また、ネットオークションサイトで自分が持っている茶道具と似たようなものが出品されていれば、その価値を調べることが出来ます。しかし、出品者が素人の場合は真贋や評価額を見極めることは難しいため、そのネットオークションでの価格が適正かはわかりません。

最も信頼性が高いのは、買取業者に査定してもらうことでしょう。買取業者には専門知識を持つ鑑定人がいる場合が多いので、そういったところで査定してもらうと適正額がわかる可能性が高いです。


茶道具の買取方法について

まずは、骨董市や蚤の市に出品して買い取ってもらう方法が考えられます。

近場で骨董市を探し出品の申し込みをし、自ら値段を決めて販売する必要があります。よって、ある程度手間がかかるのと適切な販売額を付けられるかどうかがポイントになります。

なお、元々自分で所有していたものやタダでもらったものを販売する場合は免許はいりませんが、他から買い取ったものを販売する場合は古物商免許証が必要になるので注意しましょう。

ネットオークションへの出品は、骨董市よりも手軽に出来る方法です。品物の梱包・発送や入金確認など注意すべきポイントがありますが、骨董市と同様に適正額で出品して買い取ってもらえるか保証はありません。

買取業者に茶道具を買い取ってもらう場合、専門家に真贋をみてもらい適正額で買い取ってもらえる可能性が高いです。ただし、専門家がいないリサイクルショップなどへ持っていくと単なる中古品と見なされる場合があるので、専門知識のある鑑定士の在籍有無を確認しましょう。