リサイクルショップに売るデメリットはある?

色々な商品を手軽に売れて便利なのがリサイクルショップです。家電やゲームはもちろん、家具などありとあらゆるものを買取してもらえます。状態が悪いものやほとんど価値のないものまで買取してもらえるというメリットがあります。しかし、茶道具買取を依頼するのにはあまり向いていません。なぜかというと、茶道具をしっかりと査定できる鑑定士が在籍していないからです。

茶道具というのは、他の商品に比べると価値を見極めるのが難しく、リサイクルショップでは本来の価値で買取してもらえないことがあります。場合によっては、古く状態が悪いというだけで、タダ同然で引き取られてしまう可能性もあるのです。これでは勿体無いので、なるべく茶道具買取の実績がある業者に依頼したほうがよいでしょう。


店頭買取のデメリット!

買取方法の中でも一般的なのが店頭買取です。店頭買取は商品をお店に持ち込んで買取してもらう方法ですが、デメリットも存在します。お店に持ち込まなければならないので、住んでいる場所によっては手間がかなりかかります。

特に茶道具は他の商品に比べると、買取している業者が少ないので、自宅の近くで買取している業者を見つけるのは難しいです。わざわざ時間をかけて遠くまで売りに行くのは面倒ですよね。

さらに、業者の選択肢が少なくなるので、高く売れる業者を見つけにくいというデメリットもあります。高く茶道具を売るためには、色々な業者を比較することが大切です。近くに業者の数が多くない時は、宅配買取や出張買取をしている業者を選ぶとよいでしょう。